So-net無料ブログ作成
検索選択
不思議 ブログトップ

ちょっと不思議で私的なお話 [不思議]

約15年ほど前、私は少々深刻な悩みを抱えつつ自分ではどうすることも出来ないことがありました。

当時そんな重い気持ちのまま歩いていた時に目の前にとあるお寺が。

国の重要文化財にも指定されている300年以上前に建立されたお寺なので観てみたいなという好奇心とその重い気持ちが少しでも楽になれればと、もともと神社仏閣好きな私は立ち寄ってみたのです。

それからかれこれ15年。時間の経過とともに解決したことではあったものの、数年なんとなくひっかかるものもありました。

それをよそに結婚もし子どもも産まれ、たまに車で通るそのお寺に「お礼とご報告」をしなきゃと思いつつ、お願いだけしていた不義理な私。結局そのまま。

 先日、車で通りがかり、帰りに時間があったらお礼をしよう!と決めてみました。

 

参拝出来ました。

本堂前にはちょうど住職が通り、話をしたら喜んで広い本堂に通してくれました。

 300年以上の歴史がある本堂はとても重厚で空気も違います。私の他には2人が拝んでいる?唱えている??

私はご本尊の目の前はなんだかおこがましい気がして後方の柱の近くに正座し手を合わせたのでした。

あの頃の深刻な悩みも忘れ15年近くのご無礼と現在家族ともに健康に過ごせていること、そしてその頃のこと。深々とお礼をしたのでした。

せっかく本堂まで案内をして頂いたので、しばらく手を合わせ。安堵とともに落ち着き本堂の天井から中をぐるりと見渡した途端に私は驚きとともに涙がポロポロと流れました。

周りにはその2人だけです。人目もはばからず涙を抑えられず嗚咽しそうなくらい。

 

実は私が小学生の低学年くらいまで眠りにつく前に必ず見ていた夢のような幻覚のようなものがありました。

インドの宮殿のような天井に天女の羽衣をまとったような女性が数名おり舞っている中に私がおり、目が回るような感覚がすむとやっと眠りに落ちるのです。

あまりに毎日普通にあった出来事なので、特に何も疑問も持たず。でもいつしか見ることは無くなっていました。

 

私が今、お礼をし見上げた高くて壮大な天井は、まさしくその夢で見た天女達の絵、そして彫り物。

夢ではあでやかで本当に華やかだったのですが、見上げた本堂内はススもかぶり古めかしく何百年?と年月がたっていますが鮮明にすればこそその夢の前の儀式?の様子だったのです。

その天女と思っていたのは如意輪観音という観音様でした。

様々なことで心底悩み苦しんでも私は産まれた頃からきっとこの観音様に初めから見守られていたんだと気がついたのです。

今、思えば私が産まれる何十年前には祖母がこのお寺の近くに住んでおり、信仰心の厚い祖母はきっとこちらにお参りにきていたのでは思うのです。

厳しくもとても可愛がってくれていた祖母の思いが私の夢の舞に出てきていたのかなとも。

そしてこのお寺を建立させた歴史上の人物の女性が出家しついた名、それは私の名前になっています。

 

そんなパズルが完成したような感覚にとらわれた時に、現在の私の心の様子、そして周りの人々。その現象の真実のようなものがまるで悟りを開いたように全知全能の神のような感覚(おおげさ?)に陥ってしまいました。

そこでは「心を自分の心に留めておく、もっていかない」(煩悩??)」「人、それぞれは思い違いと心違いなだけで争いが起きており、決して誰も悪くはない」そんな少々タイムリーなメッセージを受け取ったような気がしてとても平和で感謝な気持ちでいっぱいになっていました。

 帰りに運転中には・・・。

 私が最近勝手に誤解していた友人から一ヶ月ぶりの連絡があり・・・。

15年前の悩み種の関係だった人物。その人がLINEの友達欄から消えていました。

以前にお付き合いしていた彼との関係性まで見えてくるような感じになり、最後別れを納得出来なかった彼はストーカーくらいまでになっていってしまったのですが、その現象にスポットを当てすぎたままの気持ちで今まできました。

でもそれは別とし彼にも自然に感謝をしていたところに、どうやら運転中、道を間違って軌道修正しようと交差点を曲がったところがよく見るとその彼の実家でした。

よみがえるように。親切だったお父様やお母様、楽しかった思い出に感謝とお詫びをし会釈をして通り過ぎました。現在、彼も結婚し幸せに過ごしているようです。

 

帰宅し夫に打ち明けたところ、元々変わった体験をよくする私を理解しているので「浄化されちゃったんじゃん。時々その本堂行ってみれば?(ホームに帰るという意味で)」と。

そのお寺。後に調べてみると祈願寺だそうです。知らずにご加護を受けていたのです。

 参拝後は様々なことの私的な本質がみえていたように思います。

ムスメの存在は愛そのもので、叱りながらもたまに足りなくなっている私の愛情、実は私が彼女を求めていること。私が甘えているんですね。

夫婦とは、子は血のつながりがありますが、元は他人。多少の努力と思いやりがないと幸せな夫婦は継続出来ないことを考えていました。

私たち夫婦は元々相手に求めない、ルールを決めないのでちょうど良いのですが、最近は私に努力が足りてなかったかも。家族を形成するにあたりもう少し料理に凝ったり手をかける。夫に甘えてばかりではいけないなと反省したのでした。

 

 


 

 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

金の神様に言われたの(体内記憶) [不思議]

ちょっと記録しておきたいので急いで書かなきゃ!と・・・。

 

現在4才7ヶ月の不思議少女の我がムスメ。

 

先日は実父の墓参り後、車中で見えないだれかと(多分父)じゃんけんで遊んでいたムスメだが。。。

 

今日は、私のところへ来て突然「わたしはママのところへきたかったの!」と。

「??」

どうやらムスメの話によると、妊娠中のお腹の中にいた頃はお腹の中は「肌色おうち」で、目の前はテープがたくさん貼られていて早く出たかったとも。

「まどがないの~っ!!」と驚く表情のムスメ。ようは窮屈だったと言いたいようで。

なので、キックをたくさんしたと。

たしかに一日に数回、本当に「うっ[exclamation]っっ」とうなるほど、蹴りを入れられていた私。[たらーっ(汗)]

 

そして、産まれてからは早くみんなと(大人)と一緒に楽しい会話に参加したかったんだけどうまく言葉が出なくてヤキモキし、近所の赤ちゃんのように「う~う~」としか話せなかったんだそうだ。

 

そして・・・。

 

 

続きを読む


タグ:体内記憶
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私はここで見たんです! [不思議]

祖父母宅があった大田区の役所に用事があり車を走らせていました。
 
 
国道1号線のこのあたりは、祖母に会いによく車で通っていたところ。
dc031205.jpg
 
このあたりを通ると思い出す。
 
そんな祖母も高齢とともに当たり前のように病気にかかり、入院。
 
 
母と一緒によく行きました。
 
 
久が原に住んでいた祖母は、M病院へ。
 
 
その日は本当に気持ちの良い晴々とした天気で、いつものように洗濯物を干していたら・・・。
 
 
 
何、あれ??
 
 
 
???
 
 
 
U、UFOっーーーー!!
 
dc030757.jpg
 
左奥がM病院で、このあたりから。
 
池上です。
 
 
↑これにはUFOは写ってませんよ。
 

 
 
 
 
それも数機もいて右手に数機いたと思ったら、驚く早さで瞬間に左に移る!!
 
光もすごくて。
 
感動に近いような感覚で見ている私を、まるでからかうかのように、次々と移動。
 
ものすごい早さなんです。
 
でも怖いという感じは全くせずに。
 
 
 
すぐさま、近くにいた母を呼び出し一緒に確認したのですが、 母は数日後は
 
忘れているんですね。
 
 
これも不思議。
 
 
 
でもUFOを見たのはそれっきり。
 
 
 
また見たいな~[揺れるハート]
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

タグ:UFO
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
不思議 ブログトップ
メッセージを送る