So-net無料ブログ作成
検索選択
どうでもいいんだけど ブログトップ

感覚 [どうでもいいんだけど]

比較的若くして両親共に亡くしたのですが、いなければいないで「その通り」に生きていくしかなく「当たり前」になっていきます。

両親がいないことに関しては、それなりの苦労はしましたが、ある程度の大人にもなっていたので親戚縁者にも頼らず、それこそ運命であり仕方のないことと受け入れました。


叔母さん、いとこが不憫に思ってか、有り難いことによく集まりに誘ってくれます。

その中で、70才過ぎの年配者の会話に私が入っての団らん中。


昭和の昔話や、年配者同士の会話で、私では分からない話が出てきたときです。

おばさんが、私の代わりに会話のフォローをしてくれた時。


感覚が。子どもの頃に戻ってしまったのです。ググっと。


幼い頃の温かい大人達の中で何も考えていなかった時の自分。
私の事を産まれた頃から知っているおばさんは、ここではおばさんしかおらず、こんな40半ばの私を、子どもの「〇〇ちゃん」としてみている、おばさん。

ここ数ヶ月は夫の親戚の集まりで、嫁としての役割を存分に意識させられ、そしてそれなりに頑張り、忙しい毎日の暮らし、学校役員での役職、親戚の高齢者のお世話、子どもは素直に言うことも聞かなくなってくるし・・・。
そして様々な選択をして、自然に大人になってきていたのです。

矢面に立ってくれていた両親がいなくなってからは、知らなくていい嫌な思いもしましたし、知らずに気を張り何十年も頑張っていたのかもしれません。

マイナスな感情さえも、無駄なことだと知り、あまり味わうことのない経験をしてるんだな、なんて気持ちに整理をつけていたかも。


もちろん大切な温かい家族はいますが、またそれとは違う。友達もたくさんいますが、大切だからこそ心を許さない、打ち明けないことも。



私が産まれた頃からの歴史を知っていて、お付き合いがある高齢者はおばさん一人であり、優しくしてくれるからこそ、おばさんに対しては感謝の気持ちがいっぱいで。

小柄で、いつもおとなしく遠慮がちで、守ってあげたくなるようなおばさんが、私のフォローで話をしてくれた時にストンと子どもにかえってしまった・・・。


なんてことのない会話でしたが、何十年も忘れていた懐かしさと有り難さと、なんだか涙が出そうになり。


さみしいとか、孤独とか、そんなものは十分に分かっていたつもりですし、かえって孤独だからこそ何が大切でそうでないこととか同年代とは少し違う形で理解していたかもしれないな。


人にも言えず、辛くて辛くてたまらない時、こちらのブログで何を察したか?シベリア抑留生活を送った高齢の元日本兵の方がなぜか一度だけコメント返信して頂いた時には、驚きと私の辛さとは比較にもならない事実を知り、上には上がいると申し訳ないのだが、悩んでいることがしょうもなく恥ずかしくなり、気持ちが軽くなってしまったのも事実・・・。


NYの自由の女神のモニュメントから見下ろしたときに「なるようにしかならないんだな」「悩んでいるのくだらないかも」なんて思ったのと似ているのかも。



夜中になると、母にも妻にもならなくてすんで、常識非常識とか考えなくてすんで、チューハイを飲みながら、好きな曲をヘッドフォンで聴きながら、いろんな感情と孤独を楽しむ本来私に戻り、起動修正をし明日からまたお母さんをするのです。




nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焦る3日間 [どうでもいいんだけど]

ムスメの学校の林間学校が3泊ありました。

合宿等は年に2回、年少の頃から参加しているのでムスメも慣れたもの。特に心配はありません。

「さて、3日間のお一人様。何しよっかな~[揺れるハート]」と、心は弾みます。

 

で、送り出した後は本屋さんで立ち読み・・・。

林間の支度と仕事で疲れていたようで放心状態。ムスメがいないと追われるものがないとこうもダラダラしていまうものか・・・。空いた時間にマイペースで食事をとり仕事で終わる。

 
内科も行かなきゃ。と自転車で向かうと診療時間が短縮されたようで行けずじまい。

そのまま図書館へ予約をしてあった本を受け取りついでになんと8時閉館まで図書館にこもる。

あ、仕事以外で追われるものは夫の夕飯。

 

二日目。

 仕事、依頼されるものがさらに増えまったく暇にならない!ムスメの合宿を知っているかのように!

「ますい、まずい!このままじゃ貴重なお一人様が仕事と空き時間のネットサーフィン&ゲームで終わってしまう[exclamation]

と、救世主。

夫からLINEで「せっかくだからなんか食べに行こ~か」と。

いつもならジャズライブレストランや普段行けない辛い料理を外食で頂くのですが、今回は夏の旅行の為に無駄金を使いたくない。。。

 

IMG_3716.JPG
 
近所ですませました(^^)
 
IMG_3718.JPG
 
 
三日目。
 
仕事は午前中でおしまいです。
 
結局、仕事と近所で終わってしまうぅ~ はやく予定を[exclamation×2]
 
ねんざの悪化で整形外科!いやいや貴重なお一人様を病院ごときで過ごしたくない。
 
今からなら半日代官山の手芸店巡りも出来そうだ、デパートのSALEか!いやいやお金は使えない。
 
そうだ。スポーツクラブも行ける!仕事で肩と背中がガチガチだ。ついでにマッサージも受けられる!
 
いけない!そうだ!美容院。これがベストだ[exclamation]そう美容院[exclamation×2][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
 
当日は無理かなとおそるおそる電話をしてみるとラッキー!キャンセルが出たようで担当の人もOK[グッド(上向き矢印)][るんるん]
 
 
 
 
 
いつものシャンプーボーイ。兼カラーを任される。
 
どうも会話が長続きせず。気を使い話しているのは私のほう。
なかなか多感なお年頃のようで、大きな店舗で雇われているのはいいが、自身のこだわりやアウトロー的野心は固持したいようだ。
黙って雑誌を読んでてもいいんだけどすでに顔見知りだし、この人の時だけ雑誌読むのも失礼かな?とか余計な事を考える私。
 
 おばちゃん相手に共通点が無いのも分かるけど一応お金を払っているのは私であり・・・。美容院って結構な料金だし。
以前の営業経験、会話のヒントを掘り起こす私。
 そう、私は胃潰瘍になるくらい仕事、お客様とのやりとりを勉強したもんだ。
 
相手の置かれている立場、心理状態を洞察だ。
専門職同士の会話ではないので、天気、そして道楽、 ニュース、旅、知人、家庭、健康、世間、仕事、衣食住と、当たり障りのない会話をみつけよう。
 
どれにもいまいち反応がなく黙って寝てしまうのも手だけどいびきかいちゃったら嫌だしな・・・。
 
「そう。お手上げの時は相手をほめまくれ!どんなでもいい、ほめられて嫌な気になる人はいない!」と以前にタコ部長が伝授してくれた[exclamation][グッド(上向き矢印)]
と、愛をもっていいところ探し。そして、唯一盛り上がったのはゲーム!ランキング一位を狙うなら日付が変わった時とか。それってむなしいだけだったりするんだけど。。。
 MAX頑張っても限界があるとか・・・。
 
まるでホステス気分な私。お酒もないのによく頑張った私。
 
そして担当者に変わりホッとする私。
 
 
そんなこんなの4時間の美容院。お一人様時間これが正解。そう美容院[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
 
 
それから・・・。
 
 
帰宅して部屋が片付いていないのは気分がよくないわね。夫にもムスメがいないのになんでこんななの?とも、言われたくない。
そう、のんびり家事をして、そろそろ私がホームシックならずムスメシック。
いつもは私は観ないムスメが撮りためている録画「妖怪ウォッチ」を観てみたりする。
 
 
なんでも妖怪のせいにするのはどうなんだかとも思ったり。妖怪体操を踊るムスメを思い出しては「会いたいよ~[もうやだ~(悲しい顔)]」と。
 
 
 
お迎え当日です。
 
お母さんの顔をみて安堵と共にギューって感じかな[るんるん][わーい(嬉しい顔)]と、思いきやニコリともしない疲れた感満載で解散したムスメ。
 
 私の顔をみるやいなや「なんか冷たいスイーツでも食べに行こうよ~」と。
 
 
え??今まではギューだったじゃん??
 
もうお姉さんになっちゃたのね・・・。
 
 
IMG_3754.JPG
 
帰りはこんなで熟睡。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猛暑になると思い出す [どうでもいいんだけど]

暑中お見舞い申し上げます。

いや、もう残暑でしょうか??

 

こうも暑いと思い出します。

以前にお勤めしていた職場で新たな部署が出来、軌道に乗るまで本社からお手伝いに行っていた頃。

まずはハードはなんとなく出来上がっており、中身は何もなく何もかもが初めてづくしで、まぁ不便なこと、不便なこと[exclamation]

清掃の方もいないので朝から掃除、しかも毎朝のトイレ掃除も念入りに→結局私が。。。って愚痴。

あまりに不便で様々な備品を注文しつつも間に合わず使える物は自宅から持参する者も。

 

そんな状況の猛暑の中、なんと唯一のエアコンが壊れた[exclamation&question][がく~(落胆した顔)]

どこからか扇風機を探してきては大歓声[ぴかぴか(新しい)]設置。

しかし首振りさせてもどーしても暑い[exclamation]

 

そんな中皆、無言でパソコンに向かい電話応対。淡々と仕事を進めるがとにかく暑くてもうろうとしてくる[いい気分(温泉)]

大御所女の先輩が「あーー、暑い国の人って日中は仕事しないらしいけど、すっごく気持ち分かる~[exclamation]だって出来ないんだもん」と言い放つ。

私も「脳内サウンド、レゲエで○○さんがボブマーリーに見えてきた・・・」と、対面の外人の同僚をつかまえて言ってみる。

するとその同僚、パソコン打ちながら「[るんるん]One love! One heart! Let's get together and feel all right[るんるん]」とボブマーリーを無表情でつぶやくように歌い出す。

するとその隣の週末サーファーの同僚がリズムにのり体を揺らし出し「海、いきて~」みたいな。

もう皆の頭はパーカッション&キーボードのズンチャッ、ズンチャッが鳴り響いているに違いない。

 

いや、暑さとは人をこうさせるのだ。真面目に仕事なんてしていられない。

 こうも暑いと頭は働かないし、濡らしたハンカチを頭にのせたり、タオルを首に巻いたり。

 

しまいには本社からきた電話に「今、エアコン壊れてておかしくなりそう、どうにかしてよ」と文句まで言う始末。

 

数時間後にエアコンは動き平常を取り戻した部署でしたが、こんな猛暑になるとこのくだりを思い出します。

想い返すとまたそれも面白かったけど☆

 

 


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

当たり前じゃないの? [どうでもいいんだけど]

結婚後、夫に軽く驚かれたこと。
 
dc060110.JPG
 
実家では、歯磨き粉が絞れなくなるとハサミでチョッキンは当たり前です。
 
実家では歯磨き粉だけですが、私はケチャップ、マヨもやります。
 
 
歯磨き粉に限っては今でこそ「チューブシボリ」なる便利な物もありますが、未だに買ったことないです。
 
 
生まれも育ちも違うものが結婚をし、お互いの価値観を押しつけ権力闘争するのは
これまた野暮だと思っているので、夫には特に強要もしないのですが、夫は絶対にやらない[exclamation](笑)
 
 
貧乏な子に写っているのかしら(笑)
 
 
昨日、洗面所へ行ってみると、これがありました。
 
 ふふふ。ムスメ自分で切ったらしい。
 
ちょっと笑えた。
 
 
最後まで使い切ることは恥ずかしい事ではないのだぞ~[わーい(嬉しい顔)]
 
エライエライ。
 
 
 
 

nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

着席合戦? [どうでもいいんだけど]

最近、頻繁に電車に乗車する機会があります。

私は立つより座りたい派なので、あえて確実に座われるタイミングを見計い座ります。

そこで最近よく思うのですが、お隣のシートが空くともちろん座りたい人がドアが開くのと同時にめがけて隣に座ろうとします。

私はもちろんお隣が座りやすいように若干お尻を動かして横に少々でもずれてみたり、上半身を背もたれから浮かせてみたりするのです。

お隣に座ろうとしている方は、思い切り飛び込んできては「は~[いい気分(温泉)][グッド(上向き矢印)]座れた[ー(長音記号1)][るんるん][ぴかぴか(新しい)]」みたいな感じ。

で、ここからです。

 

背もたれに思いっきり寄りかかっては、後から来たのに[バッド(下向き矢印)]確実に私の体のほうが遠慮がちに背もたれから離れ不自然な体制。。。

ヒジはお隣のほうが社長座りで(と、言うのか??)、映画館のヒジ取りのように、私は肩身が狭い体制です。

 

これは、毎度そう思う事で、特に独身風の若い女性に多い(と、言うと偏見かも知れませんが事実)。

逆に「後から来たし・・・お尻だけでも座らせてもらえるかな」と前かがみに座り、心が声が聞こえてきそうなのはスーツを着た中年のおじさま達です。

次はずうずうしそうでない年配のおば様。

 私も「後から着席」の時は、おじさま風にお尻だけ・・・と、若干前かがみなのですが。

 

駅ごとに動きがあると、私も普通に座ることが出来るのですが、とにかく気にし始めると気になってしまいます。

これって、心が狭いだけ??(笑)

 

 

 

 

 

 


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

がんばります・・・。 [どうでもいいんだけど]

夫が買ってくれた「もっとえいご漬け」。

すっかり放置で、久しぶりに開いたらこんなコメントです。

dc052602.JPG
 
がんばるよ。。。
 
 
 
これの前に出た「えいご漬け」は2日に一回は勉強してるんだけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

たわいのない夫婦の会話 [どうでもいいんだけど]

夫:you tubeを見ながら「そうそう、これこれ!よくラジオで流れてるんだよな~」

私:「あ~、それってホントは男の人と歌ってるんだよね」

夫:「そうなの?」

私:「そうだよ~、ラップっぽい人」「韻ふんでカ・キ・ク・ケ・コぉ[グッド(上向き矢印)]みたいな人」

Baby I love you / TEE

シェネルだけのボーカルのものを見ている夫。

私:「すんごいキレイなギャルかと思ったら本物なの~~[グッド(上向き矢印)]

夫:「本物?」

私:「日本人じゃないんだよ」

夫:「あ~なるほどね」you tubeを見ながら・・・「う~ん、初めのは「おっ[黒ハート]」って思ったんだけどこれだと違うんだよな~」

私:心の声「好みと言うことね。ま、言うのは勝手。あちらこそごめんなさいよね

夫:「スペイン系?イタリア系だよな」

私:「あ~そうだね[グッド(上向き矢印)]」  なかなかよく見てるな。。。でも彼女はたしかマレーシア生まれ?


 

ファンが聞いたら叱られそうな会話だわね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

使い道 [どうでもいいんだけど]

dc072906.JPG

「きぃ~よぉっ~けんっ♪」

崎陽軒のしゅうまいについているお醤油です。

↑色んな絵柄あり、可愛くてとっても気に入っているのですが、お弁当に持参する醤油にしては重いし・・・。

結局使い道がなく捨ててしまいます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思わぬドライブ [どうでもいいんだけど]

もうダメだ!外の空気を吸わないと自分を押さえられない!

夫を責めるなら、一人でいた方が被害は最小限だ。

たわいもない事?いやいや家庭内じゃ、たわいもなくない?犬も食わないな。きっと。

こういうの久しぶりかも。

相手に多くを求めない私たち夫婦。それでも年に数回は言い合いになります。

「ちょっと出てくる」と車を走らせた先は・・・。

茅ヶ崎で~す

子供の頃、数年住んでいた茅ヶ崎。

きゃほ~いっ

ほんと、気持ちが落ち着く。落ち着く。落ち着く。来て良かった。空はどんよりだけど気分はすっかり良くなりました。

細胞から喜んでいる感じ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人で出て行けばイイのに、実はムスメと私の母も道連れです。

 

私:「鎌倉でも行くかーっ!」

玉川から第三京浜に入ったあたりで母が言う。

母:「昔パパと喧嘩すると、夜中でも一人で高速乗って友達のとこに行くのよ」

うげっ!??同じじゃん

夫とのことは、まだ何も言っていないのに、母親って怖い怖い・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

多摩川を越えるあたりで母が川を眺めながら・・・。

母;「昔よ~く、お兄ちゃんと(私の兄)、わざわざ連れてきたのよ~」

この近辺は、母の結婚前は地元になる。

私:「ふ~ん」

楽しかったんだろうな~。

もう二度と戻らないのね・・・。

 

母は後部座席で父との若い頃や学生の頃の話をしだす。

私の気持ちを高ぶらせない、母の声。

聞いていてなんだかとても楽しいと同時に、母の若い頃の性格と行動が私と全く似ている。

複雑だけど少し笑える。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鎌倉では本当は寺院巡りをしたかったけど、坂道が多そうなので、すぐに息があがる母はきっと無理。

なので、鶴岡八幡宮近辺へ行った。

近辺の駐車場はバカ高すぎる!正味30分程度の観光のつもりなのに2000円はな~。

探しているうちに2車線の道路でなかなかUターン出来ず北鎌倉の方まで来てしまった!

いったいどこまでいっちまうんだ~。

 

なんとかUターンが出来、結局八幡様のメインの通りから少し入った駐車場へ止める。

ぶらぶらします。

 拭う(ぬぐう)  神奈川県鎌倉市小町2-12-32  0467-22-5551 

布や衣類を扱うお店です。夏らしい手ぬぐいがたくさん並んでいました。

最近、和柄の手ぬぐいによく目がいく私はすっかり夢中

 

鎌倉駅近辺まで歩き、蕎麦を食べて帰路へ向かいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真っ暗な海沿いを走ります。

私:「もし、一人取り残されるんなら海と山、どっちが怖いかな~」

私:「やっぱり山だな~」

母の答えを聞かないうちに勝手にしゃべる私。

母:「○○ちゃん(←私)昔からそう言ってたね~」

 

私:「すんごい真っ暗だね」

 

母:「住んでた頃は、海沿いではまぐりとか焼いて売ってたんだけどね」

楽しそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9時半頃、帰りの横浜新道で何度か冷えて足がつってしまう母。

リウマチからつってしまうのらしいのだけど、足の裏にカイロ、足に数枚の温シップでやわらぎます。

今日は突然誘ったのでカイロと温湿布は持参していません。

なかなか戻らなくてつらそうな母。

急遽、横浜で降り、薬局を探します。

うちの近所のドラッグストアは11時近くまで営業しているので余裕だったのですが、このあたりは8時には閉まってしまうようで焦ります。横浜なのに。。。

車のナビで近辺の【薬局】で検索し、片っ端から電話をしてもダメ。

車を駐車出来る所に置き、暗い雑居ビル郡の間のコンビニをあたりますが季節物で置いていません。

そうこうしているうちに、母の足のツリは少し良くなったようで声が明るい。

こんなに探してもないのでとうとう必殺手段。

 

麻布、二の橋の城南薬局だーーっ

 

母:「これから行くの??」

私:「このあたりでアテもない薬局探してるんなら絶対城南が確実だよ」

ここはまだドラッグストアが夜中まで営業していなかった頃、救急を要するまでもない「突然の具合の悪さ」に何度かお世話になっている薬局だ。

と、またまた高速に乗り、麻布十番の城南薬局へ向かいます。たしか11時までは営業していたはず!

猛スピードで向かう。

あれ?ここ、24時間営業だったっけ?

それでもって私の知っている城南薬局は、昔ながらのいかにも薬屋っぽく、美しいベテラン女性が応対してくれていた。夜来る店の客は、いかにも遊び人風や、目も合わせられない少しヤバそうな感じの雰囲気だ。

ところが、すっかりお店は様変わり(驚)。店内は明るく、日中来店するような客層。

お店の人も日に焼けた若い男性店員さん。

24時間営業だったか聞いてみた

店員:「20数年、24時間ですよ~。だからうちはシャッターがないんです」

あんなに焦って急ぐ必要はなかったみたい。

今ならきっと六本木ヒルズ近辺でもあるんでしょうね。遅くまで営業している薬局。

 

疲れて後部座席で寝てしまっている母とムスメ。

母だけ起こして早速、車内で足を上げ、カイロと温湿布を貼ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫との嫌な雰囲気の中、突然飛び出したはいいが、母とのドライブは毎回のごとく珍?道中。

独身の頃は、もう家には私と母と犬2匹しかいなかったので、2人で夜な夜なサウナへ行ったり、食事へ出たりしていたけど、ここ数年そんな事はありません。夜に外出出来た事が妙に感動

帰宅した頃には夫も就寝中。車内で寝てしまったムスメもとんだ迷惑をこうむりながらも?抱きかかえベットへ連れて行きます。

 海のおかげで、私の気分も穏やかです。

そして夫とは何事もなかったように翌日を迎えるのでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
どうでもいいんだけど ブログトップ
メッセージを送る